■■■ 養豚新技術の紹介等 ■■■


(新系統豚ヒゴサカエ302を活用した環境に優しい養豚技術について)
講師:熊本県農業研究センター 中小家畜部 研究参事 家入誠二氏

◆ 目    的 ◆

誰のために どんな豚を作るのか
生産性安全性高品質
経済性
農家のために

◆ 畜産研究所の取り組み ◆
前系統「ヒゴサカエ301」の造成
   昭和58年〜平成2年
組み合わせ検定
   昭和63年〜平成3年
清浄(SPF)豚の作出
平成4年〜平成6年
↓↓↓
熊本県ブランド豚肉生産体制の構築

◆ 肉豚生産性の構成 ◆

◆ 新系統の改良目標 ◆

総合育種価選抜
発育が早いこと : 一日平均増体重
高品質 : 背脂肪の厚さ
繁殖性に優れること : 一腹産子数
独立淘汰
強健であること : 肢蹄得点 





















戻る

催し・イベントへ

熊本県畜産広場へ戻る