パネラー:草尾幸子 氏

草尾幸子 氏 BSEで牛肉がやすくなって、我が家でもたくさん牛肉を食べた。自分が育てた牛は自身を持って安全と言える。だから出荷するときにも自信を持って出している。この気持ちを一般消費者の方々に伝えたいといつも思う。また、売れた仔牛がどこに行ってどのように売られたか、とても気になるようになってきた。我々生産者も、精肉として売られている店頭にまで意識を持って牛を育てるべき。そうすればBSEは起こらない。


◆ 戻る ◆   ◆催し・イベントへ◆

熊本県畜産広場へ戻る