平成16年度熊本県養豚技術研究会

とき:平成16年9月1日
ところ:菊池郡合志町 熊本県農業研究センター



1.目的
 最近の養豚を取り巻く情勢は、経営の大規模化に伴う経営管理や疾病対策の重要性に加えて、平成16年11月から「家畜排せつ物法」の本格施行への対応など、数多くのクリアーしなければならない課題が山積している。
 このようななかで、世界的な動きでは、WTOでの交渉及びFTA等でのグローバルな市場開放圧力により、日本農業の存立に大きな影響をもたらす動きが本格化するなど、予断を許さない状況にある。
 今回は、県下の養豚農家が一堂に会し、課題解決に向けての養豚農家の技術向上などを目的に開催した。

2.基調講演 講師:(社)全国養豚協会常任理事川口昭平氏 演題:我が国の養豚の現状と課題

3.試験研究成果等発表
(1)発表者:熊本県農業研究センター畜産研究所 中小家畜研究室研究参事家入誠二氏
      内容:低タンパク質飼料を活用した環境に優しい高品質豚肉生産技術について
(2)発表者:熊本県農政部畜産衛生課技師道下殊代氏
       内容:熊本県産豚肉ブランド確立の取り組み

4.耕畜連携によるふん尿処理優良事例発表会
(1)発表者:県鹿本農業改良普及センター参事上田一晴氏  内容:我が家のふん尿処理の基本は農地・林地への還元
(2)発表者:菊池郡旭志村大字弁利吉田秀孝氏  内容:
規模拡大にも対応できるふん尿の低コスト処理
(3)発表者:上益城郡益城町淵上五男・西川光則氏  内容:耕畜連携の核としての養豚経営をめざす
(4)発表者:椛ス自然テクノワークス常務取締役手柴一郎氏  内容:RO膜とビオトープ水路による豚尿汚水の放流


 開催風景





+ 催し・イベントへ +

熊本県畜産広場へ戻る