微生物資材活用で成功した養豚の糞尿処理

本山誠一
菊池郡旭志村

(糞尿処理施設)

1.背景及び経緯

本山氏は、全農系のF1生産を行い、県内の肉豚生産農家に育成豚の供給を行っているが、糞尿処理については、糞は一時堆積後に土地還元、尿は尿溜後バキュームカーで全量土地還元を行っていた。
しかし、地域内外からの悪臭に対する苦情が発生し、その対策に苦慮して廃業も考えたが、家族及び農協との話し合いにより、糞尿処理を適正に実施し養豚経営を継続することで合意した。
知人の紹介で微生物資材活用による尿処理に取り組み、独自に工夫され、比較的安い経費で尿の無臭化に成功した。この処理技術は悪臭問題で悩んでいる菊池管内の養豚農家で取り入れられ好評を得ている。

2.経営及び施設の概要

(1)経営規模 母豚 75頭 子豚育成豚 580頭
(2)施設の概要

施設名等 規模・規格 事業費(千円)
尿溜槽 35t 2槽
70t 1槽
1,900
屋根 木造、強化ナミタイ 350
ブロアー配管 ブロアーモーター1台 700
固液分離機 ステンレス製スクリーン1台
振動モーター1台
500
電気工事 一式 70
微生物資材 初期投入分110g 242
3,762

(処理施設の内部)

3.効果

(1)処理液は無臭
(2)電気代は曝気24時間で2万円/月
(3)処理液は有機農業(稲作)で利用
(4)微生物の飲水投与による効果もあがっている。

4 成分分析結果(H6.8.16)

PH EC COD BOD NH4−N NO3−N
原水槽 7.54 4.48 627.6 1,775.5 450.6 0.90
処理槽 5.99 4.27 206.1 30.2 181.4 31.5

いきいき畜産へ戻る