熊本県畜産会ホームページへ
ご質問・お問い合せはこちら
 
 
Q1. 畜産環境問題への支援に当たっての基本的スタンスはどのように考えるべきですか。
Q2. 畜産環境問題への支援の具体的な進め方にはどのようなものがありますか。
Q3. 畜産環境問題への支援に当たって実態把握に必要な調査事項には何が挙げられますか。
Q4. 家畜から排せつされるふん尿量はどのくらいですか。また、排泄された家畜ふんを適正に管理するにはどの程度の施設規模が必要ですか。
Q5. 家畜ふん尿の農地への還元可能量はどの程度ですか。
Q6. 畜産環境問題で汚染状況をどのように把握したらよいでしょうか。
Q7. 畜産環境問題の実態把握に有用な機材としては何がありますか。
Q8. せっかく堆肥化処理施設をつくりましたが、思うように堆肥ができません。どうしてですか。
Q9. 畜産環境指導にあたって改善案作成はどのような手順で進めたらよいでしょうか。
Q10. ふん尿処理施設を導入するにあたって経営的視点から事前にチェックしておくべきことにどんなことがありますか。
Q11. 累積負債が多く、経営者はふん尿処理施設に消極的ですが、経営中止になると連鎖的に問題が発生するため、地元関係機関は積極的に推進しており対応に苦慮しています。どのように対応したら良いのでしょうか。
Q12. 酪農経営では、乳牛のふん尿処理利用についてどのような方法があるか教えて下さい。
Q13. 肉牛経営では、肉用牛のふん尿処理利用についてどのような方法があるか教えて下さい。
Q14. 養豚経営では、豚のふん尿処理利用についてどのような方法があるか教えて下さい。
Q15. 採卵鶏経営・ブロイラー経営では、鶏のふん処理利用についてどのような方法があるか教えて下さい。
Q16. 堆肥化のメリットについて教えて下さい。
Q17. 堆肥化施設の導入を考える上で注意する点は何ですか。
Q18. 堆肥化処理施設の条件について教えて下さい。
Q19. 畜産で利用されている汚水処理技術の種類について教えて下さい。
Q20. 新規に浄化槽を設置しようと思うのですが、どのような浄化槽がよいでしょうか。
Q21. 尿汚水浄化槽の活性汚泥法とはどのような処理法ですか。
Q22. 畜舎からの排水量を把握するにはどのような方法がありますか。
Q23. 汚水浄化処理施設を設置するうえでどのようなことを留意すればよいか教えて下さい。
Q24. 汚水を活性汚泥法で浄化処理するには、曝気槽内へ流入する原水のBOD濃度が一定でなければならない理由を教えて下さい。
Q25. 活性汚泥法で発生する余剰汚泥処理について教えて下さい。
Q26. 曝気槽の稼動時の一般的なチェックポイントを教えて下さい。
Q27. 曝気槽の注意事項について教えて下さい。
Q28. 日常の曝気槽管理について教えて下さい。
Q29. 曝気槽出口でのpHの異常に対する対策について教えて下さい。
Q30. 豚舎から排出される原水の腐敗と過負荷の対策について教えて下さい。
Q31. 豚舎内部の設備改善について教えて下さい。
Q32. 汚水処理施設を設置するうえで業者の選定と注意事項について教えて下さい。
Q33. 家畜排せつ物法においてふん尿の適切な管理が言われていますが、ふんを焼却処理してもいいのでしょうか。
Q34. 敷料と副資材の違いは何ですか。
Q35. 副資材にはどのようなものがありますか。
Q36. 敷料・副資材に戻し堆肥を使いたいのですが、どのような点に注意したらよいでしょうか。
Q37. 敷料にゼオライトなどの無機質資材を使っても問題はありませんか。
Q38. 畜産環境保全に関する文献を教えて下さい。
     
Q39. 環境三法が制定された背景、三法の関係について教えて下さい。
Q40. 家畜排せつ物法で管理基準を定めるねらいはどこにあるのですか。
Q41. 家畜排せつ物法における管理基準は、具体的にはどのような内容になっているのですか。
Q42. 現在、堆肥盤でふん尿処理していますが、家畜排せつ物法の管理基準に適したものとするためには、屋根をかけなければなりませんか。
Q43. 生ふんや堆肥を草地や農地に放置している場合は、家畜排せつ物法の管理基準上問題がありますか。
Q44. 冬が長く雪の多い地域のため冬の期間中農地にふん尿を堆積し、春先に散布していますが、家畜排せつ物法の管理基準上問題がありますか。
Q45. パドック(運動場)で排出されたふん尿は、家畜排せつ物法の管理基準上どのような扱いになりますか。
Q46. 家畜排せつ物法では、家畜排せつ物の発生量等の記録が義務づけされていますが、記録はどのようにとればよいのですか。
Q47. 野積をしており、これから堆肥舎を整備しようと考えています。家畜排せつ物法における勧告や命令といった措置は、法律の施行と同時に行われるのですか。
Q48. 家畜排せつ物法の管理基準はすべての畜産農家が遵守しなければならないのですか。
Q49. 家畜排せつ物法の管理基準の適用に関して、飼養頭数はいつを基準にして決めるのですか。また、カウントの対象には成畜のほか子畜も含むのですか。
Q50. 新しい農林公庫資金の融資の対象となる処理高度化施設にはどのような施設があるのですか。
Q51. 金融上の支援措置を受けるための具体的な手続きについて教えて下さい。
Q52. 税制の特例措置の内容と具体的な手続きについて教えて下さい。

このページの先頭へ
〒861-21 熊本市桜木6-3-54 TEL:096-365-8200 / FAX:096-331-1018
(C) 2002 社団法人熊本県畜産会 All Rights reserved.