1/2

草原よ、ありがとう
阿蘇町 山内 幸一
 ダイナミックに煙を上げて走るSLあそボーイに乗って、熊本市から大分県に向かっていくと今も活発な活動を続けている世界で唯一火口をのぞける阿蘇山の麓が広がります。
 阿蘇町は、熊本県の東北部、九州のほぼ中央に位置し、広大な草原美、屏風のような外輪山などのすぐれた景観のほか、温泉などの自然条件に恵まれたリゾート地で、大自然のすばらしさを満喫できます。
 農業では、米と畜産の複合経営が行われ、有機栽培が盛んです。特産品の肥後のあか牛やたかな漬などが有名で、火山とそれにより栄えた温泉街がある農業と観光の町です。
 山内幸一さんはその山麓の黒川地域で肉用牛繁殖と水稲の複合経営を営んでいます。


 

 ■地域の概要
1)黒川牧野の概要

   阿蘇の登山口坊中線沿いの標高600〜1,000mの範囲にあり、草千里も含
   む大変広い牧野です。

区 分
戸数・面積・頭数
備 考
 有畜農家戸数(戸)
157
・13集落で構成
・牛馬の放牧実施
・放牧期間
 4月〜11月末
 ただし、近年放牧期間の
 延長を実施。
 牧場面積(ha)
1,496
  うち草地面積(ha)
  うち野草地面積(ha)
450
960
 肉用牛飼養頭数(頭)
923
 うち放牧頭数(頭)
750
 


 

 ■経営の概要
1)経営の形態 肉用繁殖牛+水稲(作業受託含む)経営です。
2)家族構成労働力等     
続 柄
年 齢
労働日数
経験年数
本人
38
250
18
34
200
8
65
-
-
61
250
40
こどもは3人
3)経営耕地面積
区 分
面積 a(うち借地)
備 考
水田
700(400)
(転作田)
・300aは永年牧草
(畑)
・トウモロコシ150a
・永年牧草  350a
(耕作放棄地)
・野草のみ
600(200)
耕作放棄地
270(270)
1,570(870)
 ・雇用労働力は4〜5月に2人(30日)及び9〜10月に6人(45日)で、
  いずれも水稲関係です。
 ・農作業受託は育苗6,000枚、代かき370a、田植え1,200a、
  稲刈り4,500a、乾燥調整8,500俵です。
4)経営の推移
年 次
主な作目構成
成牛頭数
子牛出荷頭数
備 考
S54
肉用牛・水稲
4
4
熊本県畜産高等研修所卒業後、就農
S55
肉用牛・水稲
10
8
牛舎建設(総合資産)
S59
肉用牛・水稲
20
16
雨よけハウス導入(トマト20 a)
S63
肉用牛・水稲
26
21
5 頭導入
H2
肉用牛・水稲
24
19
父が病気で倒れる
H4
肉用牛・水稲
21
18
ライスセンター建設(総合資産)
H6
肉用牛・水稲
26
22
畜舎増設、運動スタンチョン(自己資金)
H9
肉用牛・水稲
29
25
・褐毛和種14頭
・黒毛和種15頭、育成牛4頭
 


 

次のページへ