食肉の栄養知識/食肉とたんぱく質



■はじめに
 ├古代人は何を食べていた

■仏教の肉食禁止
■わが国の近世から現代の
 肉食と健康

■国際的な日本の位置
■栄養素摂取の日米比較
■ライフステージ別栄養
■長寿地域の食パターン
■食肉に含まれる栄養素の
 特性とその働き
 ├食肉の種類と栄養成分

■調理法による栄養価の変化
 ├肉類を調理する理由

 ├加熱による食肉の変化
 ├食肉の調理による変化
 ├和牛と輸入牛肉の違い
■食肉とたんぱく質
 ├なぜたんぱく質を食べ
  なければならないか

 ├動物性たんぱく質が
  優れているわけ

 ├日本人と動物性たんぱく質
 ├「トピックス」
   食肉のたんぱく質

■食肉とコレステロール
 ├コレステロールとは?
   -体内における役割-

 ├体の中で作られる
  コレステロール
 ├コレステロールの体内移動

 ├コレステロールと
  脂肪酸の関係

 ├コレステロールと健康・疾病


 
 日本人と動物性たんぱく質  
動物性たんぱく質の摂取量の増加と平均寿命の延びは相関関係にある
体位の向上にも動物性たんぱく質が関係日本人の平均寿命を延ばした結核・脳卒中の激減
動物性たんぱく質と脳卒中


動物性たんぱく質の摂取量の増加と平均寿命の延びは相関関係にある

 日本人の平均寿命は、今から50余年前の昭和20年頃まではきわめて低い水準にありました。厚生省が発表している簡易生命表によりますと、100年余りさかのぼった明治24年から同31年の間の平均寿命は、男性35歳、女性37歳。大正10年頃は、男性47歳、女性50歳。今からおよそ50年以前の昭和22年は、男性が50歳、女性54歳が平均寿命でした。
 しかし、昭和25年頃からの平均寿命の延びは著しく、昭和34年には男性が65歳を超え、翌35年には女性が70歳を上回りました。更に、昭和46年には、男性が70歳を、そして女性が75歳を超えました。日本人が世界一の長寿になったのは、女性が昭和60年(80.48歳)、男性が昭和61年(75.23歳)のことです。そして、平成8年の簡易生命表によると、男性の平均寿命が77.0歳、女性は83.6歳で依然として長寿国家であり続けています。図4で世界の長寿国との比較を示しておきます。
 では、日本人のたんぱく質の摂取状況はどのように変わってきたのでしょうか。明治時代の終わり頃から大正時代にかけて、日本人は1日に60g近くのたんぱく質を摂っていました。しかし、その内訳を見ると植物性たんぱく質が全体の95%を占め、動物性たんぱく質はわずか5%でした。量にして約3g。このうち食肉由来のものは1gに満たなかったと言われます。第二次世界大戦の敗戦を境に、日本人の食生活はアメリカの影響を強く受けることになります。食肉、卵、牛乳・乳製品が日常の食生活に徐々に取り入れられるようになりました。そして、昭和34年には1人1日当たりの動物性たんぱく質は20gを超え20.6gになりました。ちなみに、当時の植物性たんぱく質の供給量は約50gで、動物性、植物性たんぱく質の割合は3対7でした。
 昭和35年以降、動物性たんぱく質の摂取量は年々増加の一途をたどっています。農林水産省の食料需給表から換算した動物性たんぱく質供給量は平成元年には1人1日当たり44.9gで、30年以前に当たる昭和34年の供給量の2倍となりました。一方、植物性たんぱく質の方は、48.7gから44.9gへと逆に減少しました(図5参照)。



 これらのことから、動物性たんぱく質の摂取量の増加と平均寿命の延びとは相関関係にあることが理解できると思います。
 動物性たんぱく質を魚介類、肉類、牛乳・乳製品及び卵の3グループに分けた供給割合で見てみましょう。昭和34年は、魚介類71%、肉類13%、牛乳・乳製品、卵16%でした。平成7年では魚介類40.2%、肉類32.0%、牛乳・乳製品、卵が27.7%となっており、肉類の割合の増加が著しく、このことからも平均寿命の延びには肉類が特に貢献していると推測されます。