食肉の基礎知識/



■家畜の生産から食肉が出来るまで
■食肉生産にかかわる先端技術
■食肉の衛生検査
■食肉の格付制度
■食肉の販売に関する衛生
■安全な食肉管理知識・Q&A
■食肉の流通−肉畜から食肉へ
■UR後の牛肉・豚肉の 輸入制度並びに需給を巡る情勢
■HACCPってなに?
■輸入牛肉
■小売店頭の新しい販売動向
■牛豚肉の品種別特性
■食肉の見分け方と選び方
■食肉の部位別特性と料理用途
■食肉の品質保持と扱い方
■食肉の熟成について
■食肉小売品質基準
■資料・牛の栄養成分表



 
 家畜の生産から食肉が出来るまで  


産地銘柄化

生産者の生産意欲を増大させ地域振興を図るといった観点や、産地間競争の激化やブランド化への対応策として、牛肉、豚肉、鶏肉の産地銘柄化が進展しています。

 有名なものとしては、前沢牛、松阪牛、近江牛、神戸牛、鹿児島黒豚、秋田比内地鶏などがあり、このほかにもかなり多くの銘柄がありますが、それらのすべてが必ずしも一定の基準によってなされているとは限りません。
 今後、食肉の安定的な銘柄化を図っていくためには、生産方法の基準(生産ガイドライン、及び表示販売方法の基準)の普及を図りつつ、産地などについての情報を消費者に提供し、理解を得ながら銘柄化を進めていくことが重要となっています。