日時:平成14年 2月21日
場所:熊本市グランメッセ・熊本県畜産会館


 第1回熊本あか牛研究会(BSE対策)

 演題:あか牛のルーツ
 日本あか牛登録協会 事務局長 児玉一宏 氏


 演題:BSEの正しい知識
 熊本県阿蘇家畜保険衛生所 防疫課長 平山忠一 氏


 演題:生産者からのメッセージ
 下益城郡中央町 一貫経営農家 明石良生 氏


 演題:消費者からのメッセージ
 熊本県消費者センター 会長 矢住ハツノ 氏


 演題:流通業者からのメッセージ
 潟jコニコ堂 ディビィジョンマネージャー 黒崎浩一 氏


 ディスカッション
 総合進行:熊本県畜産会 桝田常務理事


 講演&あか牛試食会




目   的

 近年、肉用牛経営においては、担い手の高齢化等による飼養農家戸数の減少もさることながら景気の停滞等による牛肉価格の低迷が続いており、関係者一丸となって肉用牛の振興に向かって取り組んでいくことが重要となっている。
 あか牛は大自然の中で育てられ「安全、安心、安価」と好評を得ているが、おりしも今回のBSEの発生によって、消費者の安全性に対する関心の高まりから、あか牛も含めた牛肉全体の消費が大幅に落ち込んでいる。
 そこで、この様な状況をふまえ過去15回開催してきた「あか牛枝肉研究会」を基礎に新しく「熊本あか牛研究会」として組み替え、このかつてない肉用牛界の危機を打開するため、BSEについて誤解のない情報を伝えることと、牛肉及びあか牛について正しい知識を普及啓発することを目的に「第1回熊本あか牛研究会」を開催する。



 


主催:熊本あか牛出荷団体連絡協議会
構成:南阿蘇畜産農協、JA熊本市、熊本県畜産農協城南支所
後援:各関係市町村
 @高森町・蘇陽町・白水村・長陽村・久木野村・西原村・大津町(南阿蘇畜産農協)
 A熊本市(JA熊本市)
 B矢部町・清和村・富合町・城南町・松橋町・小川町・豊野町・中央町・砥用町・宇土市・三角町・不知火町・泉村(熊本県畜産農協城南支所)
     以上21市町村
協賛:熊本県農政部畜産課、熊本県畜産連合会、熊本県畜産会、日本あか牛登録協会
参集範囲:関係市町村(教育委員会、栄養士会、PTA代表、担当課)、肥育農家、生産農家、流通業者、熊本県消費者協会、関係団体