子牛補給金

事業案内

肉用子牛生産者補給金制度

目的

肉用子牛の価格が低迷した場合に備えるいわば保険的な制度です。生産者同士の相互扶助精神に基づく協同活動を基礎として運営されています。

仕組み

肉用子牛の平均売買価格(四半期別)が保証基準価格を下回った場合、同四半期に販売または保留された牛に応じて、生産者補給金を交付します。

業務対象年間

5年間(現在は第7業務対象年間:令和2年度~令和6年度)


負担金の単価

詳しくはこちら


申請様式

ダウンロードはこちら